【Kep1er】Kep1er 日本のYoutubeプログラム「THE FIRST TAKE」に出演

Kep1er 「THE FIRST TAKE」に出演

「WA DA DA」の日本語バージョンがカッコいい

もう既に凄く話題になっていますが、Kep1er が日本の Youtube チャンネル「THE FIRST TAKE」に出演しています。

見ている方も多いと思いますが、これはヤヴァイです!!

まず「WA DA DA」の日本語バージョンがカッコいいです、たぶん「THE FIRST TAKE」用のトラックだと思うのですが、アレンジがジャジーでめちゃくちゃカッコいいです。

しつこいですがアレンジがめちゃくちゃカッコいいです!! 笑

そして個人的に一番良いなぁと思ったのは、Kep1er メンバー全員が楽しんで歌っているところです。みんな笑顔(とくにイェソ笑)で思いっきり歌っているように見えます。

なんというか、音程を取るために不要にシャクったり、慎重に歌うのではなく、最初からストレートにその音に充てていく思い切りの良い、見ていて気持ちの良い歌い方ですよね。

これは見ている側も自然と楽しい気分になりますし、笑顔になります。

そもそもとして歌が上手い!!

この動画から Kep1ian になる方も多いのではないでしょうか。オーディション番組出身のグループなので確実に実力ありますしね。

9月7日に日本デビューが決まっていますが、そのプロモーションとしては大成功だと思います。

個人的に凄く好きな動画で、公開されてからめちゃくちゃ見てます 笑

「Wing Wing」 も公開

9月7日、ついに日本デビューを果たした Kep1er が今度は「Wing Wing」で FIRST TAKE に出演しています。まぁ、やっぱり曲のアレンジがめちゃくちゃカッコいいですね。

あと凄くどうでもいいことなのですが、ヨンウン毎回ヘッドホン逆につけてますよね(意図的?) 笑

アルバム「FLY-UP」

皆さん「FLY-UP」は聞きましたか?

全曲聞いて思ったのですが、Kep1er 日本でバズるんじゃないかと思っています。

「FLY-UP」は日本語曲のアルバムですが、KPOP によく聞かれる、キックとベースと低音ブラスが一緒に鳴っているような、いわゆるガールクラッシュな曲ではなく、ちゃんと日本、というかJPOPを意識してアレンジされているような気がします。

かといって可愛いに全振りしている訳でもなく、ちゃんと KPOPの要素も織り交ぜてあり、本当丁度良いアレンジになっている気がしてます。既存の KPOP が好きな層にも受け入れられるのと同時に、JPOP が好きな層にも刺さるのではないでしょうか。

いい意味で本当ちょうどよいと思います。

Kep1er とスタッフ陣の日本市場に対する本気度が感じられるアルバムだと思いました。



記事に関するご意見、ご感想、ご指摘などありましたらコメント、もしくは「お問い合わせ」よりお願いいたします。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA